top of page

インパクトの大きな事業に携わり、理想のキャリアも目指せる環境


鎌谷 優花 Yuka Kamatani(リスクマネジメント第三部 )
鎌谷 優花 Yuka Kamatani(リスクマネジメント第三部 )

※ビズリーチ 公募ページ「住友商事株式会社」(2023年3月16日)より転載



──鎌谷さんは2022年4月に住友商事に入社されたそうですが、その経緯を教えてください。



新卒で保険会社に入社しましたが、将来的なキャリアを考えたときに保険のゼネラリストを目指すよりも専門性を身に付けたいと思い、大手監査法人グループのFAS(ファイナンシャル・アドバイザリー・サービス)に転職しました。そこで財務モデリング、バリュエーションなどの専門性を高められましたが、お客様が投資を実行する前の支援が中心で、投資後の案件が実際に価値を生むところまでフォローできないことにもどかしさを感じていました。「アドバイザリーの立場ではなく、事業投資をする側で当事者として働きたい」と転職を考えるようになりました。


住友商事に入社した決め手は、これまでに培ったスキルが生かせること、幅広い分野に携われること、また部長が同席した面談で組織の風通しのよさを感じたことでした。


働きやすさや女性のキャリア構築も重視していたので、入社前にライフプランや今後のキャリアについて相談したところ、女性社員から直接話を聞く場を設けてもらえたことも、安心感につながりました。実際の働き方を詳しく聞けて、具体的なイメージが湧きましたね。



──入社されてから1年未満ですが、どのように業務に慣れていったのでしょうか。



入社後は、投資や商取引をリスクの観点からサポートするリスクマネジメント第三部に配属されました。この部署では社内におけるリスクの考え方や投資に関する規程、その他細かなルールを把握する必要がありましたが、部内メンバーからのレクチャーに加えて、研修用の動画が多数用意されていて、大枠を理解するうえでとても役立ちました。約1カ月で基礎的な知識を身に付けた後は、OJTで実務を経験しながら慣れていきました。


当社ではオフィス出社とリモートワークを併用した「アウトプット志向」での働き方が定着しており、出社は週2、3日程度でした。先輩社員と直接会う機会が少ないため多少の不安はありましたが、2~3週間にわたってしっかりと引き継ぎの時間を取ってもらえました。その後も、わからないことがあったらオンライン・オフラインを問わず気軽に質問できる環境があるなどサポートが整っていたので、問題なく業務にあたることができました。



数字だけでは見えない思いを感じながら、事業を成功に導く


──現在担当されている仕事内容やその魅力について教えてください。


リスクマネジメント第三部が担当する輸送機・建機事業部門における投資・商取引案件を対象に、リスクマネジメントの立場から営業をサポートしています。案件の状況に応じて対応することが多いので業務は流動的かつ多岐にわたるのですが、新規投資案件でいえば、投資を実行する際のリスクの洗い出しや採算性の評価、承認プロセスの整備などがあります。営業部門はもちろん、経理や財務、法務など他のコーポレート部門と関わることも多いです。


私が現在担当している新会社立ち上げの案件では、営業にかなり近い立場で協業しています。事業計画を作成するなど、会社立ち上げの具体的なプロセスに関わっており、事業づくりの手触り感があります。志望動機でもあった、投資先が価値を出すところまで伴走できることが魅力だと感じています。


前職では数字などの客観的事実のみをもとに投資判断についてお客様にアドバイスしていましたが、その点も変わりました。現在はPL(損益計算書)やBS(賃借対照表)からは見えてこない、当事者ならではの事業に対する思いや考え方にも触れられ、投資先の経営陣に当社の経営理念、事業戦略に共感してもらえているかも考慮して、総合的に投資判断する経験を積めています。


──働きやすさや今後のキャリアについては、どのような印象をお持ちですか。


スーパーフレックス制度が導入されているので、柔軟に働ける環境だと感じています。福利厚生が充実しており、事業所近くの保育所やベビーシッター補助制度を数多くの社員が活用しているなど、子育て支援の制度が整っているだけではなく、実際に利用されているのも特徴的です。


キャリアについても、仕事と育児を両立し短時間勤務をしながらチームリーダーに昇格した女性社員など、社内にはロールモデルが多数います。


Diversity & Inclusion(D&I)の啓発セミナーや女性社外取締役の話を聞く機会、海外駐在を経験した女性社員と話す会などがあるのも、当社ならではだと思います。実情を知ることで視野が広がり、今後のキャリアを考えるうえでも参考になっています。



──この記事を読んでいる方へのメッセージをお願いします。


コンサルタントなどプロフェッショナルファーム経験者が次のキャリアを考えたとき、事業会社の経営企画への転職や起業など、スキルがある分だけ選択肢が多く、悩まれると思います。そのなかで総合商社には長い歴史に基づいた資本力・信用力があり、経験や知識が蓄積されています。そして、それらを土台に、社会に対してインパクトがある事業に関わることができるのは、住友商事ならではの魅力です。


特に、当社はさまざまなことに挑戦しやすい風土があります。影響力の大きな仕事をしたい方は、ぜひ応募していただけたらと思います。


Komentar


bottom of page